ごあいさつ

用賀治療院 オステオパシー治療家・鍼灸学士 眞野 仁

オステオパシーってなんだ?

オステオパシーという整体治療法をご存じですか?一般的にはカイロプラクティックや中国気功整体のほうが知られているかもしれませんが、オステオパシーはアメリカにおいて、医師が日々の診療で用い効果を上げている100年以上の歴史を持つ確かな治療法です。現在アメリカはもちろん、イギリス・フランス・ロシアなどのヨーロッパ、オーストラリアや日本で人々の健康を支えています。
詳しくは下の「オステオパシーとは?」のパートで説明させていただいておりますので、ぜひご覧下さい。

私とオステオパシーの出会い

私は鍼灸の4年制大学(明治鍼灸大学、現明治国際医療大学)を卒業後、大学の先輩の鍼灸整骨院に就職。途中分院長も務めさせていただきながら同院で7年間、鍼灸師として大勢の患者さんの治療に携わってきました。そして次第に私はこのまま接骨の道に入っていくよりもむしろ、もっとしっかりと患者さんの体を治し活力を与えられる治療家になりたい、そして大勢の患者さんの人生に力と光を与えてきた名医たちの流れに自分も連なってゆきたいと思うようになりました。そんな中で学んだ治療法の中でも特に素晴らしいと感じたのが、この「オステオパシー」です。

その後、より完全なオステオパシーを学ぶべく日本オステオパシー専門学院(現JCO)に入学、丸2年間、徹底的に学び身につけてきました。さらに卒後に半年間、オステオパシーの学校の先生の治療院でも修行をさせてもいただきました。

当院を開くに至った経緯

実ははじめは自分で治療院を開業することは考えていなかった私ですが、私からみて高い知識・技術レベルと通いやすい治療費、この二つを兼ね備えた治療院がなかなかないことに気づき、「ならば自分がつくろう!!」と2001年に当院を開くに至りました。この治療院は私も正直なところ、できることなら通いたい治療院です。

ここ用賀で皆様の健康で充実した毎日を送るお手伝いができることをうれしく思います。どうぞよろしくお願いいたします。

<経歴>

1994年3月 明治鍼灸大学を卒業

当時明治鍼灸大学は日本唯一の4年制鍼灸大学でした。現在は明治国際医療大学http://www.meiji-u.ac.jp/となっています。
以来7年間、調布、府中の清野鍼灸整骨院グループhttp://www.seino-1987.jp/にて治療にたずさわる(うち分院長を3年間)。 その間、より効果の高い治療法を求めて各種鍼灸療法やカイロプラクティック、整体等を学ぶ過程でオステオパシーに出会う。

1998年4月 日本オステオパシー専門学院(JSO※:現JCO)に入学

※当時分院長でした。
JSOは当時2年制(週6日:夜間3時間/日)の日本唯一の正式なオステオパシー専門学校でした。
真にオステオパシーの哲学を理解した正しく深い知識と技術を身につけたオステオパスを養成し、多くの方々に高いレベルのオステオパシーを提供すること、そして将来の日本のオステオパシー界を引っ張ってゆく人材を育てることを目的に設立されました。
現在はアメリカのカークスビル・オステオパシー大学(※1)卒業の森田博也校長を中心に、JSO時代の講師と卒業生などが講師となり、4年制のJCO(ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー)http://www.joa-jco.com/index.htmlとなりました。

(※1)カークスビル・オステオパシー大学は1892年に設立された世界最初のオステオパシー大学で、現在もまさに世界のオステオパシー教育の中心的最高峰の大学です。

2000年3月 日本オステオパシー専門学院(JSO)卒業

在学した2年間は本当に有意義な期間でした。この2年間のおかげで今も自信を持って、そしてやりがいを感じながら治療をさせていただけているのだと思います。

2000年9月 日本オステオパシー連合(JOF)の定めるMRO(J)試験(連合認定オステオパス試験)合格

2001年4月 JCO(旧JSO)講師の畑中伊久雄先生※の分院、栃木県南オステオパシーセンターの立ち上げに従事

※畑中先生は日本オステオパシー専門学院(JSO)時代のカウンターストレインというテクニックの恩師です。畑中先生は、まさに私が通いたいそして作りたいと思う治療院を作っておられました。私の治療院のモデルです。

2001年10月~2007年3月 ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー(JCO:旧JSO)の講師に就任

以来、筋肉エネルギーテクニック(MET)、内臓マニピュレーション、直接法、触診、解剖学、病理学、公衆衛生学の授業を担当してきました。また国家資格有資格者対象のオステオパシー学会主催セミナーの講師もしてきました。

2001年11月 用賀にて、「用賀治療院・世田谷オステオパシーセンター」を開業

以来オステオパシーの治療で皆様の健康のお手伝いを続けさせていただき、今年で13年目になりました。


※ここまでこんなに長い文章を読んでくださり、さらにそんな私が考えるオステオパシーの治療に少しでも興味を持っていただけた奇特なあなた!
ぜひ下記の「オステオパシーとは?」や「用賀治療院の治療方針」もご覧いただければとってもうれしいです。

オステオパシーとは?

用賀治療院の最も主要な治療法、「オステオパシー」の歴史と発展

スティル博士と最初の教え子たちの写真

オステオパシーの歴史

1874年に医師だったスティル博士によって発表されたオステオパシーは現在も発展し続け、アメリカでは医師に準ずる医療資格を与えられるまでに評価されています。

※画像をクリックすると詳細をご覧いただけます

スティル博士の最も有名な写真

オステオパシーの医療哲学

オステオパシーは健康と治療に対する考え方こそが、他の整体治療との最大の違いです。

※画像をクリックすると詳細をご覧いただけます

テクニックの書籍群の写真

オステオパシーのテクニック

オステオパシーの本質は健康・治療に対する考え方だとはいえ、それを実現するためのテクニックが数多く開発されています。

※画像をクリックすると詳細をご覧いただけます

用賀治療院の治療方針

当院のオステオパシー治療で大事にしている原則を書かせていただきます。

治療は患者さんの自然治癒力が発揮されやすい身体環境を作ることを目的にしています。

患者さんの身体は常にもっと良くなりたいと思っている。それにもかかわらず調子を崩しているのは、なにかその自然治癒力が働くのを妨げているものがあるから。
その治癒を邪魔する妨げを取り除き、自然治癒力が本来の能力を最大限発揮できるようにするのがオステオパシー治療家の仕事です。
こうしてあなたの身体の自然治癒力が発揮できるような身体の環境が整えさえすれば、あとはあなたの自然治癒力が、あなたの身体をどんどん治してゆきます。
だから治療直後が一番良いのではなく、''治療をきっかけとして時間がたつほど良くなる治療が最も良い''と考えます。

あなたも
  治療直後が一番調子が良くて、その後下がってゆく治療と
  治療直後ははっきりしなくても、時間がたつほど良くなる治療
どちらの治療を受けたいですか?
オステオパシーの治療は後者を良しとしています。

自然治癒力が最大限に能力を発揮できる環境をつくることで、その場しのぎではなく、確実に身体を変えてゆくことを追い求める。
これがオステオパシーの特徴です。

悪いところは全身あらゆるところを治療します。

調子が悪くなっている原因の場所は患者さんによりさまざまです。背骨が原因のこともあれば骨盤のこともある。手足の関節が原因のこともあるし、筋肉や筋膜、内臓や頭蓋骨のこともある。このどれか一つだけを治療すれば万事OKだ、などということがありえるでしょうか?

オステオパシーは、ある身体の一部分だけで全ての治療ができると考えていません。''全身をきちんと検査して、悪いところを見つけ出し、そしてその悪いところは全身どこでも治療すればよい。''そんなシンプルな哲学を持った治療法です。

治療は患者さんごとにオーダーメイドです。

オステオパシーでは患者さんにより悪いところが異なると考えています。それは今までの生活習慣や仕事の種類、問題が起こった原因、さらには過去の病気や事故などの経歴などが異なることなどに由来します。そのため患者さんにより治療箇所、治療に用いるテクニックは異なります。また治療をしてゆくと悪いところが変わってゆくこともあります。それにも逐一合わせて治療してゆきます。当然別の症状が出てきたときには、それに対応して治療を変えてゆきます。オステオパシーでは同じ治療法、治療手順で全ての患者さんの治療をするような楽はせず、つねに身体の状態をお聞きし、身体の状態をチェックし、''その時、その状況に最も適した治療法・治療箇所を選び出します。''

オステオパシーには非常に多くのテクニックがあります。

私が正式に学んだものだけでも10種類以上あります。たとえば10種類のテクニックがあるというのは、一つの歪みに対して10種類の治療アプローチがあるということです。つまり''多くのテクニックが使えるということは、さまざまな性格の歪みに対応できるということにつながっています''。これらを駆使して、あなたの歪みに最適な解消方法(テクニック)をきっと選び出し、一日も早く、あなたの自然治癒力を発揮させ、健康へと導きます。

※私が正式に学んできた治療法

HVLA、筋肉エネルギーテクニック、誇張法、四肢テクニック、靭帯関節性ストレイン、スティルテクニック、筋膜リリーステクニック、内臓マニピュレーション、頭蓋オステオパシー、軟組織マニピュレーション、リンパテクニック、クラシカルオステオパシー、カウンターストレイン、トリガーポイント療法、妊産婦のためのオステオパシーテクニック、鍼、灸、その他

用賀治療院の治療費と治療内容について

治療コースとそれぞれの治療内容の違いを書かせていただきます。これを元にどちらのコースがご希望に合うかお考えいただければと思います。

初診料

2,000円(よろしければ下の補足※4を御覧ください)

治療費

25分:3,200円

治療を希望される辛い箇所が1~2ヶ所ならば、ほとんど25分でも治療可能です。

50分:5,400円

治療箇所が3ヶ所以上をご希望の場合や、治療対象箇所が1,2ヶ所でもゆったりと治療と健康指導を受けたいとお考えの方は50分の治療をお選び下さい。

補足

(※1)治療時間にはお着替え等の準備、問診、診察、施術、健康指導等の時間を含みます。

(※2)25分と50分で用いる治療技術のレベルが変わるわけではありません。常に最良の効果を出すべく全力で治療させていただきます。
ただ辛くお感じになっている箇所が多い場合(特に辛い箇所が3箇所以上の場合)、それぞれに対して時間がかかってきますので、辛い箇所が多い場合は50分をお選びください。

(※3)50分の治療をご希望の方は、ご予約の際にお申し出ください。 特におっしゃらない場合は通常25分でご予約をお取りします。

(※4)通常、初診時は
初診料(2,000円)+治療費
なのですが、このホームページを見てくださった方は
1.治療法である「オステオパシー」の名前を覚えていただき、
2.またお帰りの際に私の治療院のチラシを持って帰っていただければ
初診料(2000円)の方は無料にさせていただきます。つまりこの場合、初回から治療費のみになります。
(ただ、いつまでこの初診料無料キャンペーンを行っているかはわかりません。)

     とか言いながら、
     実はこのキャンペーン、ずっとやってます(^^;
     まだどんなところか分からない中、
     勇気を出して当治療院に来てくださった、
     そのお気持ちに感謝です。

手技療法と鍼灸治療の併用

炎症が非常に強い場合や、筋肉が傷ついたり血行不良等が原因で、その周辺に痛み、コリ、痺れ等が生じている場合で、手技療法のみではなかなか効果が出てこない時に著効を示すことがあります。

・鍼灸併用時の治療費

上の手技療法治療費に加え200円~1,000円増しになります。
なお鍼、灸、シャーレは使い捨てを使わせていただいております。

用賀治療院の受付時間、アクセス

受付時間
午前:9時半から11時30分
午後:2時半から8時
※ただし火曜日のみ午後5時までです。

休診日
木曜・日曜・祝日
あと、火曜日5時以降は休診です。

TEL.03-3709-1139

ご予約は上の電話番号からお待ちしています。

アクセス

東京都世田谷区用賀4-29-5 用賀治療院

用賀治療院世田谷オステオパシーセンター
所在地東京都世田谷区用賀4-29-5
電話03-3709-1139
治療者オステオパス、鍼灸学士 眞野 仁
治療内容オステオパシー、カイロプラクティック、鍼、灸